ネットショップの出店場所

Amazonのe託販売サービス

アマゾンジャパン社のe託販売サービスは出版社やメーカーなどの商品をアマゾン社の倉庫から直接発送する委託ネット販売サービスで、利用を希望する企業はアマゾンに出品したい商品を登録申請します。
出品者はアマゾン社が独自に需要予測する商品の納入依頼数量を市川FC、八千代FC、堺FCなどのFCに発送します。保管商品は注文があれば通常24時間以内に発送され、出品者がアマゾン社へ発送する集荷サービスも佐川急便と提携しています。
アマゾン社はe託販売サービスの導入により、仕入金不要で取扱商品の大幅拡充ができる利点があります。この結果、在庫圧縮による多品目少量販売で総利益を増やすロングテール効果を享受しています。

詳細を読む »

消化仕入は売上仕入とも言われます。売上が発生した分だけの商品を仕入れたことにし、その分だけを支払う方法で日本固有の商慣習です。商品は預っているだけなので、帳簿上の在庫はありません。つまり、売上と仕入の計上時期が同日になります。

販売店の利点

  • 仕入資金に余裕がない
  • 在庫管理能力がない
  • 商品の保管場所がない
  • 仕入先が一時的である
  • 商品の陳腐化が早い

仕入先の利点

  • 販売店の負担軽減が図れるので、積極的な販売が期待できる
  • 販売店に貸倒の心配がある場合、商品の所有権留保ができる

以上のような場合に適した方法です。また、消化仕入と類似した方法に委託仕入があります。一般的な委託仕入の場合、所有権と価格決定権は仕入先にあります。一方、商品の保管責任は販売店側にあります。そのため、通常の売上と区分処理し、一定期間の売上計算書に基づき、委託手数料を控除した残金を支払います。委託契約期間終了後は基本的に返品処理されます。一般的に、アパレル業界やデパートの取引は買取仕入、消化仕入、委託仕入の3種類の方法を用いています。当然ながら、同じ商品でも売残りやロスのリスクがある完全買取仕入が最も安い仕入方法です。
一方の出品者はアフィリエイトと異なる新販路の開拓と集客、受注、配送、回収などの業務が省けますが、顧客データが利用できないデメリットもあります。
このe託販売サービスの利用料金は年間9,000円で、Amazon.co.jpのネット上で商品が売れた場合にアマゾン社は売上代金の60%を月末締めの翌々月末日に出品者の指定口座へ振込みます。また、書籍などの再販制度に該当する商品は定価通りで販売されます。
その他の商品は希望小売価格が原則で、アマゾン社の判断で販売価格を変更する場合がありますが、出品者への支払いは登録時の入力価格で算出し、Amazon.co.jp上での販売価格とは無関係です。
サービスの利用者は所在地と銀行口座が日本国内にある企業や20歳以上の個人に限定され、委託できる商品は販売権のあるISBNやJANコードのあるAmazon.co.jpのストアに該当する商品であることが条件です。
また、総合オンラインストアのAmazon.co.jpのAmazonマーケットプレイスに出店し、便利な出品ツールと圧倒的な集客力を利用する方法もあります。本格的な出店を目指すのであれば、大口出品プランを選択しますが、このプランには、次のような特徴があります。

  • 月額4,900円+販売手数料+カテゴリー成約料
  • Amazon.co.jpにない新規商品登録が可能
  • 出品ツールを使った複数商品の一括登録

国内オークションの出店

出店条件 フリル YAHOO!JAPAN bidders
参加料金 無料 498円/月額 無料
出品料金 無料 無料 無料
落札手数料 落札価格×無料 落札額×8.64% 落札額×2.625%
補償制度 楽天あんしん取引 落札額×80% 落札額2千円以上
その他 ラクマ 決済、配送方法自由 簡単出品可能

YAHOO!JAPANオークションは事業者を対象とするストア出店があります。この方法も月額出店料無料、落札手数料は落札価格×5.25%、出品数は無制限になっています。
なお、支払い方法に切手や商品券、図書券などの有価証券で決済できる旨の表示があれば、高値での落札が期待できる効果があります。

海外オークションの出店

世界最大のオークションサイトを運営するeBayの日本向け公認サービスのセカイモンは入札サイトですが、eBayを利用し、北米、オーストラリア、ヨーロッパ各国など世界40ヵ国へ出品することも可能です。
eBayの市場で販売される商品は5万品目以上の多岐にわたり、新品・中古や在庫品の販売も可能です。輸出入に関する知識を特に必要とせず、瞬時に8,400万人以上の世界のユーザに商品を訴求できる利点があります。
eBayのマーケットプレースは個人・法人の事業者を問わず、国内で入手困難の商品や新商品の仕入先としても利用できますので、輸出入業務の基本知識や仕組みを理解する手段としての活用が望まれます。
輸入品を通販する場合は米国の通販商品の検索と価格比較のできるshoppingcomBecomeなどの参考サイトがありますが、サイト翻訳に自信のない場合は海外通販の購入代行サービスのあるグッピングを利用する方法もあります。

オンラインモールの出店

見聞では、集客力や出店条件、費用対効果でYahoo!ショッピングに分があるようです。一方の楽天市場は顧客情報を一元管理し、出店者の独自利用を制限していますが、システムの操作性や販売支援、販促企画力に優れ、お客の購買力やリピートに高い関連性があると言われます。

主要モール 楽天市場 Yahoo!Shopping ビッダーズ Calamel
プラン例 スタンダード プロフェッショナル ライトプラン(税別) とくとくペイメントプラン
基本月額 52,500 無料 16,500 2,750円
契約期間 12ヶ月 12ヶ月 12ヶ月 12ヶ月
システム料 2.1~4.2% 3.24% 6.0% 3.5%
登録商品 20,000点 200,000点 500点

この他にもアフィリエイト利用料やポイント代などが加算される場合があります。オンラインモールの出店は独自ノウハウの支援を受けるので、簡素なHTML構造や画像の多用など単独出店のサイト構造と違います。
例えば、デザイン以外のレベルも高い欧州職人館は同じ商品を複数の画像で見せたり、お客様の目線で人から見た感じが分かるよう、バッグを所持したモデルの身長も表示しています。
目線は実際の見た目だけでなく、お客様の価値観に合わせる意味なので、お客様が商品のどこの部分に注目し、どの部分の説明に不満があるか自然に理解できます。
従来は商品サイズを比較表示する小道具としてタバコや硬貨などがよく利用されていたものです。このような雰囲気や臨場感を画像化することは、お客様の目線に立つ新鮮な手法として注目を浴びています。
画像一つにも手間をかけたり、工夫することは感情に直接訴求する商品説明として効果が期待できます。ネット通販ばかりの事例ではありませんが、繁盛店の秘密を紹介した調査レポートもお薦めです。

地域色に溢れる食材や工芸品の出店

全国地方紙ECネットワークが運営するインターネット上の地域の名店街である47CLUBは各お店が単独でホームページを開設し、販売活動を行う場合と比較すると、初期投資が大幅に軽減されることはもちろん、新聞社のネットワークによる情報発信媒体によって信頼度やアクセス数の増大が期待できます。
中国新聞社の生活応援サイトのちゅーピーくらぶ加盟店3,400店は無料登録で加盟店一覧に掲載され、リンクすることもできますが、ちゅーぴーくらぶ会員56万人を対象に割引きサービスが必要とされます。
都道府県が東京都に設置するアンテナショップは地方の産品や観光情報を首都圏の消費者に広く周知し、販路開拓や商品の開発を目的にしたもので、アンテナショップのポータルサイトである風土47は郷土色豊かな食材や伝統食などの味、品質、安全性も含めたお奨めの商品を紹介しています。
また、掲載料が無料の長野県公式サイトのカウナガノは長野県に関係するネットショップの紹介と誘導に特化した斡旋型モールサイトですが、興味を誘引するツールとしてYouTubeを利用した動画を導入しています。
楽天市場はまち楽をオープンし、日本全国各地の特産品を都道府県別に紹介しています。
「都会の新しい暮らし」を提案することをコンセプトに日本の各地域発の洗練された商品の展示、生活シーンの提案、食の体験等を通じ、高感度な20~40代女性を対象に全国の家具、雑貨、食品、観光などの販売やPRを目的としたオンラインショップのRin中小企業地域資源活用促進プログラムにおける地域発事業の全国展開や需要の拡大に向け中小企業基盤整備機構が運営しています。
その他、ハンドメイド、手作り作品の販売支援サイトに販売手数料の10.5%でテスト販売や仕入先の開拓にも利用できるminneがあります。

« 詳細を隠す


■平成30年版カレンダー

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

■サイト内検索

■記事講読ランキング

■統計情報サイト

都道府県別統計
世界経済のネタ帳
■地方情報
地方公共団体情報システム機構
中国地域の中小企業支援施策
■ビジネス支援情報
exBuzzwords
ネット通販の構築支援別館
無料ビジネス相談会
1.対象者
☆起業をお考えの方
☆起業後間もない方
2.場所
広島市立中央図書館
3.開催日
☆毎月第2土曜12:00~17:00
4.1時間以内の予約制
☆先着順5名
5.申込先
中央図書館事業課
☆Tel:082-222-5542

■中小企業ビジネス支援サイト


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.