青色事業専従者の該当要件

青色申告で最も節税効果が高いのが家族従業員の給与が必要経費になる専従者給与の適用です。この適用は青色申告承認申請書と青色事業専従者給与に関する届出(変更届)書を所轄税務署へ提出します。
専従者氏名、年齢、職務の内容、給与金額、支給期などの書き方は届出書の裏面に記載されています。提出期限は事業継続者の場合は青色事業専従者給与を支払う年の3月15日までに提出します。
ただし、その年の1月16日以後の開業や新たな専従者の発生、変更などの場合はその開業の日や専従者に該当することになった日から2月以内に提出し、提出期限が土日曜日や祝日などに当たる場合はこれらの日の翌日が期限になります。

専従者の要件

  1. 青色申告者と生計を一にする配偶者その他親族であること
  2. その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること
  3. その年を通じて6月を超える期間、その青色申告者の営む事業に専ら従事している一定の場合には事業に従事することが出来る期間の1/2を超える期間であること

支給する給与額が次の状況などからみて相当と認められるもので、この届出書に記載した金額の範囲内で毎月記帳されているものに限られます。専従者が白色申告者の配偶者であれば86万円と配偶者以外の専従者一人につき50万円の白色事業専従者控除が認められる場合もあります。

  1. 専従者の労務に従事した期間、労務の性質及びその程度
  2. 従業員の給与及び同種同規模の事業に専従する者の給与の状況
  3. 事業の種類・規模及び収益の状況

以上の妥当性について審査されますが、ここで注意すべき点は受理されても、届出どおりの給与が認められるわけではないと言うことです。例えば、他に一般従業員がいる場合、公正な取扱いがなされているかどうかも斟酌されます。
毎月の専従者給与が低くても賞与で調節すれば、これも是正指導の対象となる可能性が高くなります。青色事業専従者の平成21年分の平均給与額が223万円であるのに対し、医療関係者の平均専給は年間500万円位と言われます。これは例外的なもので、一般事業者がこれ位を支給できるのであれば、法人成りが有利です。
家族とパートだけの小企業の場合は月々の源泉徴収所得税が不要の月額87,999円以内、年間賞与の目安に公務員の支給月数に準ずる4ヶ月分前後を届け出るのが一般的で、年間支給額も所得税が非課税となる103万円前後が実態のようです。
しかし、源泉徴収や年末調整事務が面倒でも専従給与をなるべく多くする方が節税に有利です。理由に次の点と見方を変えれば生活費や貯蓄さえ経費になるからです。

  • 所得額195万円以下の事業主の最低税率5%が一段階上がることがある
  • 専従者と事業主の両方とも税率が5%になることがある
  • 青申特別控除前所得が290万円を下回って個人事業税の5%が回避できる場合がある
  • 専従者も加入できる小規模企業共済で年間84万円の掛金が全額所得控除できる

届出書の専従給を88,000円とし、源泉徴収税の最低額を納付すると支給実態を証明できます。金額を○円以内又は○ヶ月分以内と記入すると、実額を調整できます。
ただし、明らかに事業主の所得を上回る支給額や特に理由がないのに毎月の支給額を変動すれば、行き過ぎた節税として否認の対象となる場合があります。
正当な理由として考えられる次のような場合は専従者の給与が例え事業主の所得を上まわったとしても、その専従者給与がその勤務の状況などからみて相当な金額であれば、直ちに否認されることはありませんが、このような状況が経常的に継続する場合は好ましくはありません。

  • 事業主が高齢、病弱などで、実際は息子専従者が一切の経営をきりもりしている
  • 災害、貸倒れなど偶発的損失により、事業主の所得が著しく減少した場合
  • 貸倒れや不慮の災害、景気変動などの偶発的な理由で、所得が赤字になった場合

営業名義人の変更は原則的に譲渡所得の対象なので、税務署の確認が必要です。一般に親子間の名義変更は資産-負債=110万円を超える部分が生前贈与とされます。
通常は営業に係る全ての債権債務を継承するので、個人企業の場合は特に心配する必要はありませんが、元入金と事業主貸と事業主借を相殺した残高を注目します。

源泉徴収所得税の納付

一般従業員や青色専従者から源泉徴収した所得税は原則として翌月10日までに納付しますが、常時使用する従業員数が10人未満であれば、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書を税務署に届け出ると7月と翌年1月の年2回で納付することができます。なお、この適用は届出書を提出した月の翌々月分の納付から適用されます。

白色事業専従者の控除額

白色申告者が事業に専ら従事する家族従業員の数、配偶者その他の親族かの別、所得金額に応じて計算される金額を所得控除できる白色事業専従者控除の要件は青色事業専従者と同様です。
これらの控除額は次の金額のいずれか低い方で、給与でないので記帳は不要ですが、確定申告書にこの控除を受ける旨、その金額など必要事項の記載が必要です。

  1. 事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者でなければ専従者一人につき50万円です。
  2. この控除前の事業所得金額を専従者数に1を足した数で割った金額です。
    配偶者だけの場合、控除前の事業所得金額が172万円以上必要だと言うことです。

以上の概要ですが、青申や白申を問わず専従者は控除対象配偶者や扶養親族に該当しないので、青色申告者の場合、事業所得が少なくても配偶者の最低専給は100万円を支給しないと意味がないことになります。


■平成30年版カレンダー

2018年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

■サイト内検索

■記事講読ランキング

■統計情報サイト

都道府県別統計
世界経済のネタ帳
■地方情報
地方公共団体情報システム機構
中国地域の中小企業支援施策
■ビジネス支援情報
exBuzzwords
ネット通販の構築支援別館
無料ビジネス相談会
1.対象者
☆起業をお考えの方
☆起業後間もない方
2.場所
広島市立中央図書館
3.開催日
☆毎月第2土曜12:00~17:00
4.1時間以内の予約制
☆先着順5名
5.申込先
中央図書館事業課
☆Tel:082-222-5542

■中小企業ビジネス支援サイト


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.